スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

美肌になる食材

美肌に効果的と言われる食材はたくさんあります。サプリも十分効果はありますが、あくまでも栄養素としては単一です。人間の体は複合的な栄養素を一度に摂取したほうがうまく吸収できます。食材には該当のビタミン、ミネラルなどと同時にさまざまな栄養素が溶け込んでおり、可能であれば食事でも摂取するのが好ましいです。以下に食材と効果を高める摂取方法について紹介します。


美肌に効果がある食材ととり方
肌の健康を保つのに効果的な食品には、どのようなものがあるのでしょうか?毎日の食事で積極的に取り入れたい食材と、その効果的な摂取方法をご紹介します。

ただし、それらだけを食べていれば良いというわけではありません。肌の健康を保つのに最も大切なのは栄養のバランスです。偏らないよう、たくさんの食材をまんべんなく食べるようにしましょう。

豆乳
パセリ
ヨーグルト
ブルーベリー
やまいも
レモン


詳細は続きから





スポンサーリンク

豆乳

必須アミノ酸をバランス良く含み、良質なタンパク質源となる食材。女性ホルモンに働きがあるイソフラボンには、シワ、たるみの予防、コレステロールの抑制、骨粗鬆症の予防等があります。

パセリ

シミやそばかすの原因である活性酸素除去する抗酸化ビタミンのβ-カロチン、ビタミンC・Eの含有量が野菜の中でもっとも高い部類にはいります。

鉄分の吸収を高めるビタミンC、その相乗効果が肌の血色を良くしくすみを予防します。一回の食事ではなかなか多く摂取できないので、果物などと一緒にミキサーにかけてグリーンスムージーにして飲むのもおすすめです

ヨーグルト

乳酸菌が悪玉菌の増殖を抑えることで、有害物質の発生を抑え、腸内環境を整えます。他にも、新陳代謝を促し、脂質の代謝を促進するビタミンB2や、肌のバリア機能となるセラミドも含まれています。

ビフィズス菌はオリゴ糖を餌にして増殖するため、オリゴ糖が豊富なバナナやはちみつ、きな粉などと一緒に摂ると効果が倍増します。

ブルーベリー

抗酸化力においては果物の中でトップクラスです。紫色素成分のアントシアニンと、抗酸化ビタミンのC・Eを併せ持ち、肌老化をはじめとした全身の老化を防いでくれます。

さらに、食物繊維もたっぷりなので、腸内環境の整えにも効果的です。ヨーグルトと併せて食べると善玉菌効果がプラスされるので、腸のエイジングケアに有効です。

やまいも

ネバネバ成分「ムチン」は、便秘や肌荒れの改善や肌の保水力を高めるのに効果的。細胞を活性化して老化を予防する働きもあります。ムチンは加熱に弱いので、生のままか短時間の過熱で食べるようにしましょう。

レモン

レモンは、いわずと知れたビタミンC含有量トップクラスです。抗酸化作用に優れ活性酸素を除去、メラニン色素の沈着を防いでシミやくすみを予防できます。

注意すべきことはレモンに含まれるソラレンは紫外線への感受性を高めてしまうため、夕方以降に摂るのがオススメとなります


新陳代謝を促進する効果的成分

ビタミンB群

玄米、ナッツ類(B1)レバー、うなぎ(B2)まぐろ刺身、バナナ(B6)/レバー、牛乳(B12)/かつお、ぶり、さば(ナイアシン)/牛乳、卵(パテトン酸)/小松菜、ほうれん草(葉酸)/卵、ナッツ類(ビオチン)などに多く含まれる。

ビタミンA

ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、だいこん、にら、うなぎ、あなご、すじこ、いくらなどに多く含まれる。

ビタミンC

パプリカ、レモン、パセリ、いちご、ピーマン、キウイフルーツ、ブロッコリー、柿、ゆず、めんたいこなどに多く含まれる。

ビタミンE

ナッツ類、アボガド、ぶり、すじこ、いくら、からすみ、唐辛子、タラコ、抹茶などに多く含まれる。

パントテン酸カルシウム

レバー、干し椎茸、鶏はつ、鶏ささみ、うなぎ、たまごの黄身、タラコ、納豆などに多く含まれる。

L-システイン

卵、豚肉(赤身)、鶏肉、鮭、大豆、はちみつ、にんにく、唐辛子、ヒマワリの種などに多く含まれる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

weca4

Author:weca4
1記事で1つ脳への刺激



スポンサー

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ 
にほんブログ村 クリックお願いします このエントリーをはてなブックマークに追加続ける励みになります。よければクリックお願いします

全記事表示リンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。