テロメアについて

「テロメア」という言葉をお聞きになったことがありますでしょうか。
染色体の末端には細胞分裂のたびに少しずつ短くなる部分があり、“テロメア”と呼ばれています。これは、DNA(遺伝子)の末端に「キャップ」をすることでDNAを傷害から守る役目を果たしています。テロメアは赤ちゃんの時が一番長く、加齢と共に短くなっていきます。
テロメアが注目されているのはその寿命への関与からです。「テロメアの長さを知ると寿命がわかる」と、極端ですがそのような表現で説明されることもあります。これは、「細胞の分裂回数には限界がある」という、1961年にアメリカの研究者が唱えた説に基づいています。
例えば、2009年にデンマークで行われた研究で、1,000組の一卵性双生児の見かけの若さと、身体の能力やテロメアを比較したものがあります。「見かけの年の若さ」が寿命に関係するかどうか、を調べたわけですね。
その結果、ある年齢層の「見かけの年の老けた人たち」に比べて「見かけの年の若い人たち」では、亡くなる割合が半分以下になっていました。
また、どの実年齢のグループ内の人たちでも、見かけの年の若い人たちは見かけの年の老けた人たちに比べて長生きをし、握力、知能が高いなど身体や心の働きも優れていたことがわかりました。
そして、この見かけの若い人たちは、白血球のテロメアの長さに関しても、より長いといった結果が得られました。
簡単に言うと、実年齢より若く見え、肌のハリやキメがキレイだなと見た目で判断できるとしたら実際に細胞レベルで若く、テロメアも実年齢よりも長いということです。
細胞が若いと、内臓や血管なども衰えが少なく、全身、そして顔にも表れるのです。
私たちの身体は、細胞が分裂し、新しく生まれ変わることで正常な機能を維持しています。細胞分裂が出来る回数には限度があり、そのたびにテロメアも短くなっていきます。細胞分裂が不可能な長さにまで短縮すると、若い細胞が生まれなくなってしまうので、老化はどんどん進みます。

スポンサーリンク

喫煙と肥満はテロメアを短くする!
このように、「テロメアが短くなる」ということは、老化と因果関係があるのです。
加齢がテロメアの長さを決定するだけであれば、「年齢には勝てない」とあきらめるしかありませんが、前述のように個人によって差が出てしまうのはなぜでしょうか?
実はテロメアを短くする、長く保つ、これらには生活習慣が関係しているのです。
テロメアを短くする生活習慣のひとつは、喫煙です。
タバコを吸うと、肌が10~20年早く年をとり、しみやシワが増えます。いわゆる「スモーカーズ・フェイス」と言われるものです。
また、見た目だけではなく、女性は閉経が早まってしまうことがわかっています。これは、喫煙によって卵巣機能の低下が起こったりエストロゲン機能が妨げられたりすることによって起こります。
あまり知られていませんが、女性ホルモンはテロメアの短縮を予防する働きもあるともいわれているのです。
ちなみに、タバコを吸って体重が減る(ダイエット効果がある)と言われているのは、タバコのニコチンにより食欲が抑制されることや、食べたものの消化・吸収が妨げられることによるものです。
言い換えれば、単に身体がやつれているのです。つまりダイエット「効果」があるというものではありません。
「タバコをやめて体重が増えた~」と嘆いている方もいますが、それは喫煙をやめたことで身体が回復して健康になったから、体重が増えたのです。
ストレス発散のために、吸うことでストレスを解消している方もいらっしゃいますが、身体にとっては喫煙によって負担を与え続け、老化へ進んでいることは間違いないありません。
テロメアを短くするもうひとつの大きな要因のひとつは肥満です。
肥満気味な方は、早急に食生活から見直し減量を始めましょう。
この問題は大人に限ったことではなく、いわゆる肥満児と言われる子供にも関係しているのです。
14歳~18歳の被験者を対象に行なった検査でも、平常な体型と肥満体型の少年少女で、テロメアの長さに違いが出たことがわかっています。


また、肥満の方は食塩過多で身体に負担を与えていることに加え、運動不足に陥っていることも多いです。それがより細胞老化に繋がっているので注視しなければなりません。
テロメアの長さは肥満気味な方と普通体系の方では約8年違い、10年間喫煙されている人は、禁煙者と比べると2年違うという結果が出ています。
さらにテロメアに悪影響を与えるのが、運動不足です。
イギリスで18−81歳の男女2,400人を対象に行われた研究によれば、運動を週3時間あまりする人たちに比べ、16分程度しか運動しない人たちのテロメアは、平均「200塩基対」短かったそうです。
これは、運動しない人はやっている人よりも10年近く老いていることになります。びっくりですね。
肥満を解消し、タバコをやめて適度な運動をすることでテロメアの長さを保ち、いつまでも若々しく健康でいましょう。
そして、やはりテロメアの長さ(=若さと健康)を保つ上で避けて通れないのがストレスの緩和です。心も身体もストレスを回避できるよう意識を変えることが大切になります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント