FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

目の健康のために アントシアニンとルチン

 現代の生活は眼を酷使する要素に溢れています。どの仕事であってもパソコンと無縁の仕事はないでしょうし、プログラマなどであれば毎日、長時間パソコンの画面を見る必要があります。また、プライベートな時間でもSNSなどのほとんどはスマホを用いて行われており、現在では20代でもいわゆる老眼という症状になる人が増えているそうです。

 老眼は年をとることにより眼の筋肉が衰えて症状がでてくるという話を聞いたことがあります。おそらくなってしまってからだとレーシックやコンタクトに頼らずをえず、いかに遅らせるか?というのは現代社会に生きる人間にとって必要な知識でしょう。

 そこで今回は一度老眼ということについてしっかり調べ、いかに遅らせるか?ということに役立つサプリをご紹介します。



眼を補修し眼の老化を遅らせてくれるサプリは
アントシアニンとルチンとです。
以下にその理由等を述べています。

そもそも老眼とは?




歳をとると体の機能が衰えていくように、眼の機能も衰えていきます。老眼とは、文字どおり眼が老いた状態で、近くのものが見づらくなります。

老眼の原因は、加齢による調節力(近くにピント合わせる力)の低下です。

人は近くを見るとき、毛様体筋という眼の筋肉を使って、水晶体というレンズの厚みを変えて、ピントの合う位置を調節しています。
しかし、加齢によって水晶体が硬くなったり、毛様体筋が弱まったりすると、ピントあわせが難しくなります。これが老眼の主な原因だと言われています。
つまり、老眼の進行を遅らせたいのであれば、水晶体の硬化と毛様体筋の衰えを対策していけばいいということになります。今回紹介する方法は、その代表的なものです。

今回、紹介する方法は4つです。

対策トレーニング
老眼鏡の早いうちからの使用
ブルーライト対策
サプリメントによる対策



対策トレーニング

近見と遠見を交互に繰り替す
視線を八の字に動かす
まぶた深く閉じて眼の周りの筋肉を動かす


老眼鏡の早いうちからの使用
老眼鏡をかけずに無理をしていると余計に老眼が早く進行するという考えが、現代においては一般的です。
老眼を自覚しているのに認めず、我慢を続けることは、眼の筋肉を酷使することになります。これは眼に限らず全てのものに言えることですが、酷使を続けていれば、普通に使っているのに比べてガタが来るのが早くなります。


眼精疲労とは?
眼の筋肉の酷使や、VDT機器からの光ダメージにより、目頭の痛みや頭痛、肩こりや吐き気などを催す状態のこと。ただ眼が疲れている状態(疲れ目)とは、根本的に異なる。慢性化しやすく、完治しにくい。
スマホ老眼とは?
眼の筋肉の酷使や、VDT機器からの光ダメージにより、老眼に似た症状が出る状態のこと。本来の老眼とは違い、若い世代にも起こる。夕方老眼、週末老眼などとも呼ばれる。



サプリメントによる対策

眼精疲労の薬などに必ずはいってるルティンというサプリメントがおすすめです。

なぜ?
老眼を遅らせるだけでなく、眼自体を強くすることができる
効果が出ているかどうかがわかりやすい


老眼を遅らせるだけでなく、眼自体を強くすることができる

老眼サプリメントの主な成分として挙げられる代表的なものが、ルテインです。ルテインは眼のピント調節機能を手伝ったり、眼の使用による首や肩への負担を和らげたりするなど、老眼の症状を緩和させる効果があるので、老眼サプリメントというくくりで販売されているものには必ず入っています。

ルテインはもともと網膜上に存在していますが、その量は、加齢に伴い少しずつ減少していきます。自発的に作り出すことは難しいので、持っている量が少なくなった場合、外部からの摂取する必要が出てきます。



ルテインは緑黄色野菜などの食品からでも摂取できますが、1日に必要な分を摂取するためには相当量の食品を食べなければならず、それを毎日続けることは不可能です。その点、サプリメントは、必要な成分だけを抽出・凝縮しているので、効率よく摂取することができます。

また、ルテインはブルーライトや紫外線などのダメージから網膜を守る効果があるということがわかっています。ルテインの量が少なくなると光ダメージによって眼の機関が害され、加齢黄斑変性症などといった眼病を発症する可能性が高くなります。

加齢黄斑変性症は、光ダメージによって網膜上の黄斑という機関が害され、視界の欠損や歪み、重度の視力低下、最悪の場合には失明に繋がる病気です。高齢者に多く、若者にはほとんど発症しない病気なので、長年の人生の中で蓄積した光ダメージや、加齢によるルテインの減少で光ダメージを防げなくなったことが原因だと考えられています。

ルテインを摂取することは、老眼の進行を抑えるだけでなく、加齢黄斑変性症のような眼病の予防にもなります。

また、老眼サプリメントには、ルテインの他にもアントシアニンやアスタキサンチンなどといった眼に必要な成分が多く含まれています。これらを日常的に摂取することで、老眼の進行を遅らせるだけでなく、耐性を持った強い眼を作ることができます。



他に

物を見る機能はプロジェクターを例にして考えるとわかりやすい。プロジェクターから映し出される映像はスクリーンに映し出される。

プロジェクターの焦点が狂うと画像はピンボケになる。人間の目で考えると、加齢により焦点距離の調整能力がなくなり近くが見えにくくなるなどの減少だ。これは主にレンズ(水晶体)の状態に起因する。

一方スクリーンが汚れたり、皺があったりしても画像はきれいに映らない。人間の目で言うと網膜に傷やゆがみ汚れが出た状態だ。

アントシアニンなどはレンズ(水晶体)の調整機能にかかわると思われる。アントシアニンを摂取することにより、水晶体の焦点調整機能が補われるとされる。

一方蕎麦等に含まれるルチンはスクリーン(網膜)の補修に効果があるとされる。

ルチンとはそばや含橘類に多く含まれるバイオフラボノイドの一種で、活性酸素を除去する抗酸化物質。

ルチンは 植物化学物質の カロチノイド族で、眼の網膜黄斑部 ( 詳細な画像を見分ける働きをする場所) の色素を補う働きがある。高齢者の 「視力損失」 を予防する。

ルチンは蕎麦の実に多く含まれ、ビタミンPの一種で毛細血管を強化すろ。
網膜の黄斑(おうはん)部は、ルチンでできていて、ルチンを含む食材を摂るのが網膜、黄斑によい。

眼の老化防止と疲労回復には、アントシアニンとルチンの両方を取る必要がありそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

weca4

Author:weca4
1記事で1つ脳への刺激



スポンサー

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ 
にほんブログ村 クリックお願いします このエントリーをはてなブックマークに追加続ける励みになります。よければクリックお願いします

全記事表示リンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。