スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

缶コーヒーでスチール缶が多い理由

理由は

 全国清涼飲料工業会によると、コーヒー飲料は、高温・高圧での殺菌が法律で定められていて、その強度的な面から、スチール缶が多く使用されている、というのが一番の理由




最近では技術の進歩によりアルミ缶で販売してる企業もある

製造技術の進歩によって品質保証上問題ない中味に置いてはアルミ缶で製造される

190ミリリットルのコーヒー缶の重さは、スチール缶約30グラムに対し、アルミ缶は約10グラム
出典
コカ・コーラが入れ込む “アルミ缶コーヒー”の深層 - エキサイトニュース
お気に入り詳細を見る
スチール缶の約3分の1程度に軽くなるため、持ち運びが楽なのはもちろんのこと、輸送コストも下がる

それでもスチールにこだわる理由

ある飲料メーカーのお話では「技術的にはアルミ缶の使用も可能だが、イメージの問題」でスチール缶を使用しているとのこと
出典
アルミ缶とスチール缶 | わたしのリサイクル日記 | リサイクルのすすめ | 焼酎SQUARE 焼酎甲類のすべて
お気に入り詳細を見る
「スチール缶」でコーヒーを販売しているのは「高級感」を出したいメーカー側の思惑がある
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

weca4

Author:weca4
1記事で1つ脳への刺激



スポンサー

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ 
にほんブログ村 クリックお願いします このエントリーをはてなブックマークに追加続ける励みになります。よければクリックお願いします

全記事表示リンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。