筋トレ 舌の痛みを解消する方法

筋トレを高頻度やってると、筋肉以外の身体の部位のどこがか不調をきたすということはありませんか?私は筋トレを高頻度で毎日激しくやってると必ず舌の痛みが出ます。おそらく同じように感じてる人も多いのではないでしょうか?今まで、とりあえずビタミン剤や鉄分、亜鉛などをやみくもに採り食事も増やすことで解消していましたが、その際にもっとも利くビタミンについて経験から実感することができましたので紹介したいと思います。

激しい筋トレを毎日やってると、筋肉痛自体はさほど痛みがあるものではないですが、他の栄養素が切れてくるのを感じる時があります。とくに、筋トレをやっててもプロテインやクレアチン、BCAAといったアミノ酸以外を気にしてない場合、そう感じるケースは多いと思います。その中でも、私を一番悩ませていたのは、舌の痛みです。これを舌痛症といいます。

舌痛症とは、舌の縁がピリピリと痛み、食事したり舌が歯や口腔内のどこかに触れたときに痛む症状です。ストレスをはじめ、ビタミンB12や鉄分などの栄養素の不足薬の副作用が原因と考えられてます。この中で、亜鉛欠乏の場合は味蕾(味を感じる箇所)に異常をきたし、味覚障害につながるようですが、どうも筋トレ由来の舌の痛みには効果は薄いかもしれません。というのも亜鉛はとっていたにもかかわらず舌の痛みは治まらなかったからです。この中で自分がとくに足りてなく、また補った際にすぐに痛みがひいたものがビタミンB12でした。

つまり、筋トレ由来の舌の痛みに襲われた場合、ビタミンB12を補給してみることいいかもしれません。サプリで補給するのもいいですが、日々の食事から手軽に取れる食材もありますので、以下に食材について紹介しておきます。

食品100g当たり ビタミンB12の含有量 
しじみ 62.4 鶏肉(レバー) 44.4 さんま(焼き) 19.3 ほたるいか(生) 14.0 味付けのり 58.1
あかがい 59.2 あんこうのきも 39.1 キャビア 18.7 しゃこ 12.9 焼きのり 57.6
すじこ 53.9 いわし(丸干) 29.3 たらこ(生) 18.1 身欠きにしん 12.6 煮干し 41.3
牛肉(レバー) 52.8 はまぐり 28.4 いわし(油漬) 18.0 牛はつ(心臓) 12.1 あおのり(乾) 31.8
あさり 52.4 かき(生) 28.1 さんま(生) 17.7 さば(水煮缶) 12.0 たたみいわし 15.6
ほっき貝 47.5 豚肉(レバー) 25.2 にしん 17.4 あゆ(天然/焼) 12.0 いわし(みりん干) 15.3
いくら 47.3 たらこ(焼) 23.3 いかの塩辛 16.7 しめさば 11.4 かつおぶし 14.8
はまぐりの佃煮 45.4 牛肉(小腸) 20.5 めざし 14.6

魚介類、レバー、海苔(のり)ホルモンが多いですね。自分の場合はサーモンの刺身を食べたら一発で直りました。




激しい筋トレの筋肉自体の痛みの改善はプロテインが当然最適です。マイプロテインだとプロテインが驚くほど安く変えます。またHMBもお勧めです。マイプロテインはHMBが非常に廉価なので、この機会に試してみください。筋トレにはBCAAよりHMBです。
以下のリンクをクリックすると、初回の人は25%引きで購入できます。お試しください。

59809d44 (1)





関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント