FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

スランプをどう切り抜けるか? 一つ上のバルクアップへ

 数年筋トレをした後、それなりに筋肉もついてきて知り合いなんかからは筋肉のことを褒められるようになっても、服をきたりしてる状態で筋トレに興味がない人と話をしてる時などは、案外気づかれないものでガッカリするようなケースもあると思います。Tシャツパツパツに二の腕がでてるのに、そのこと指摘してくれないと悲しいですよね。

 またある程度筋トレを続けていくと、しっかりパンプさせられてて自分では問題なくトレーニングを終えてるはずなのに、バルクアップに不満がでてくるというケースもあると思います。そういう時にどうすべきか?を考えてみたいと思います。

 1.完全に筋トレに打ち込める状況を阻害してるものはないか?
これは仕事などで筋トレ時間がとれないというものではなく、たとえばプロテインを規定量を忠実にとってたり、BCAAを買わなかったり、適切なタイミングでとることなどを怠ることです。また、すでにそれらを万全にしてる状態でも、プロテイン摂取量を増やすなどしてみてください。案外成果がでるかもしれません。たとえば、今まで1回で1~2スクープだったプロテインを2~3スクープ一度に摂取する1日にとる回数を2回から3回に増やすなど。また、BCAAは一日中補給してもいいので、常にペットボトルにいれて持ち歩いて水を補給する感覚で摂取するなど。もちろん食事をしっかりとる必要もありますが、これらを意識するだけでバルクアップを望めます。

 2.筋トレのメニューやジムを変えたり、新しい器具を揃えてみる
 自分のルーティンが既に決まっていれば、確実にパンプアップさせられるため、なかなかメニューを変えようと思いません。また、追い込んでるつもりでも案外追い込めてないケースもあると思います。そういう場合おすすめなのは、新しい器具を増やすことです。たとえば、カールだとまずはアームカールを高重量で10レップおこない、休憩なく目の前においてあるバーベル中重量でプリーチャーカールを10レップおこないます、その後すぐに軽重量でインクラインカールを行います。このやり方だと嫌でも追い込まなければならずお勧めです。

 3.筋トレ以外の格闘技などをやってみる
 筋肉がにあると、格闘技などではすさまじいアドバンテージになります。ボクシングやMMA,グラップリングなどのジムも最近は増えてきており、1ヶ月1万弱程度で通い放題というジムが多いです。運動神経を鍛え、筋肉と神経のコネクションをつよくすることで筋トレの増量も期待できますし、様々な体験をできることで筋肉増量へのヒントを多くつかめます。

 4.筋トレついた後の自分をイメージしてファッション考える
やはりイメージは非常に重要です。自分と同じぐらいの身長の理想の体型を見つけてそれを目標にすることでモチベーションもあがります。実際筋肉があると着れなくなる服があるといわれてますが、ワイルドテイストの服だとむしろ幅が広がります




 5.体の部位を測定してみる、なさけない自分の顔と体を記録として残しておく
二の腕、胸囲、胴囲、足回り、など測定してみて、他の人と比べてみることもモチベーションにつながります。また、ふがいないと思ったら、そのときの顔と体を写真に残すのもいいかもしれません。筋肉が増えれば、テストステロンの影響で顔も精強になり実際かっこよくなります。




Cheer up, although life may not be easy now, in the end it's all worth it, everything will get better in time. So enjoy the moment and smile!
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

weca4

Author:weca4
1記事で1つ脳への刺激



スポンサー

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ 
にほんブログ村 クリックお願いします このエントリーをはてなブックマークに追加続ける励みになります。よければクリックお願いします

全記事表示リンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。