スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳が若返るためにすべきこと  

UCLA医学部神経学部のEileen LudersaとChristian Gaserc,の高解像度のパターン認識(物の形状や位置を自動的に認識すること)を用いた研究により脳が7歳若返るある習慣が見つかったそうです。
自身を若々しく保つためには、健康的な生活と、ジムでワークアウトに変わるものはないとされてきました。ただし、脳を若返らせるにはどうしたらいいでしょうか?
我々の脳は可塑性があり、年をとるにつれて判断力や総合力は上がる一方、若い人間の特徴であるレスポンスの速さ等をなくしていくとされています。老齢になっても、脳の神経細胞は増えるという研究がある一方、脳をスキャンすると、脳内の灰白質と白質が物理的に減少してることから、科学者は脳が実際に老いることも実感してるといわれています。




今回UCLAのEileen Ludersaを中心とした研究によると、脳を若返らせるためのシンプルな方法として、瞑想が有効であることがわかりました。50人の瞑想を習慣的にしてる人間と、50人の瞑想をしないように規制させたグループの脳年齢を測定したところ、平均的に、前者が後者より7年程若い脳を持っていることがわかったとのことです。これは50歳以上を対象とした実験のようですが、高齢になればなるほど瞑想をしてる人の脳は若く保たれてることもわかりました。これにより老化により脳がダメージを受ける箇所は瞑想によって遅らせることができるという結論が得られます。

瞑想によって得られる効果は脳の若返りにとどまりません。クリエイティビティの増加、ストレスの緩和、血圧低下から免疫系の強化までさまざまな効果がえられます。この機会にぜひ瞑想を趣味に取り入れるといいかもしれません。とくに、思考は自身の健康と直結してることは、誰もがある程度実感してることではないでしょうか?たとえばマイナス思考の人と一緒にいると自分も負のオーラを纏ってしまい、頭が痛くなったり、心拍数が上がったりします。実際これが行き過ぎると精神病的になることは、フロイトが発見したことにより医学的に一般的な認識といえると思います。

では、具体的にどうするか?そもそも瞑想とは何か自身の頭の中で構築された想像の世界に自身が臨場感をもって体験できていることです。わかりずらいかもしれませんが、具体的には、小説に入り込んで涙流してたり、癒し効果のある音楽を聴いてまるで自分が森林の中にいるかのような感覚を味っていうこと。それは目の前にある現実世界ではなく、自身の頭が作り上げたものでありかつ無意識に行われています。無意識にそういう世界を構築することが瞑想といえます。方法としては手っ取り早く瞑想できるのは、興味のある本を読むことでしょう。小説などはいいかもしれません。啓発本や歴史関連の本はお勧めです。何か研究されてる方などは関連の書籍などで、新しい発見があるかもしれません。その時に重要なのは、本に書いてる内容をイメージするだけでなく、そこから発展させたストーリーを自身の思いつくままにイメージすることです。吉川栄治の三国志などは血沸き肉踊るストーリーで、読み終わった後の瞑想に有効かもしれません。


少し仕事が遅くなったらいつもと違う道で帰ってみるのもお勧めです。人気がない町の表情に触れて、何か想いが浮かぶかもしれません。あとはそれに身を任せて見ましょう。



本は間接的な媒体なので、自身で瞑想するとより直接的な効果を得られるかもしません。瞑想を教えているスクールなども多くあるようなので通ってみるのもお勧めです。



上の記事は以下の記事を日本語に翻訳した上でまとめたものです
https://www.inc.com/jessica-stillman/3-ways-to-grow-new-brain-cells.html
https://digest.bps.org.uk/2016/04/15/experienced-meditators-have-brains-that-are-physically-7-years-younger-than-non-meditators/
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1053811916300404


にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ 
にほんブログ村 クリックお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

速読のやり方 早い視点移動の中どう情報を取り出すか

今回は情報処理能力を上げる方法のインプット編である速読のやり方について書きます。
人はさまざまな場面で頭の良さを競ったり、評価の軸にしたりしており、頭の良さはこの世を生きるうえで必須のスキルです。しかし、どうすれば情報処理能力を上げれるかわからない人も多いと思います。ある程度成果が出せる人は、それを意図的にやるというより、たまたま集中した時に無意識に成し遂げており、結局のところ自己コントロールのもとにハイパフォーマンスを出せてる人は少ないように思います。

まず、情報処理能力を上げるために絶対に必要な能力は、言語を介さずにイメージ上の空間で、情報を列挙し反論をし結論をだすことです。たとえば、「なぜイチローは凄いのか?」と問われたとき、人は言語化を試みます。しかし、言語化せずに自身でおもいつくことをイメージしたところまでで言語化までしません。言語化するとおそらく少なくとも数分かかりますが、イメージだけだと1秒です。これを思いつくだけあげて、それに対する反論も上げていきます。その後それらをまとめた結論を出します。このイメージ化したときにどれだけの例を挙げれて、論理的な帰結を導けるか?ということを訓練するのがベストです。
つまり、人は意識→言語化→意識→イメージというステップを踏んで、自分や相手を物やデキゴトを理解しています。これをはじめの意識の段階でイメージに変えます。意識→イメージ化。

これらを実現するには、連想できる知識量の多さにより、よりよい結論が導かれます。少ない知識量の人より大きい知識量の人のほうが強いわけです。喧嘩や格闘技、レースなどでも同じです。体が大きいほうが小さい人を押しのけるように、知識量がある人間から出る論理は知識量が少ない人を黙らせることができます。

インプットの方法は本が一番いいです。学習において、人に教えてもらうほうが効果は高いように思うかもしれませんが、アクションを通してみよう見真似で学習していく格闘技や、楽器類を除けば結局はすべて言語上の話です。人の話を1時間聞くよりも、本にかいてあることを10分で読んでしまえば、それだけ多くの知識が手に入ります。
そこででてくるのが速読ですが、速読において重要なのは、集中力とイメージ化です。具体的な方法としては、はじめの単語を読んだら、「。」まで一気に視点を動かすことです。人は本を読み始めの時は一文字一文字を丁寧に追っていますが、内容に入り込むとその速度は速くなります。これをとりあえず視点で行うことで実現できます。とにかく、視点を一文字一文字にこだわるのでなく、全体をみつつ視点移動を早くしてください。人間は見ただけで実は内容は頭に入ってきています。これを更に高速化することで、1行、2行と目で文を処理できるようになります。



では1行、2行と目にいれただけでどう情報を掬い取れるのでしょうか?
そもそも文とは何でしょうか?文とは情報の伝達であり、その方法は主題の属性を述べることと動作を述べることでしかありません。主題は常に以前でてきたことの繰り返しになります。つまり、情報とは述語のことです。文には名詞文と形容詞文、動詞文しかありません。
英語で考えればわかりますが、SVOやSVCのVOとVCの繰り返しです。他は情報というよりは、話者の感情を表す助動詞や副詞でありそれらは情報とは関係ありません。つまり、テーマを保持したまま述語を目にいれていくことで高速の速読は可能になります。

とりあえず、今回はここまでにして、次回アウトプットや記憶方法について考えて生きます。



にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ 
にほんブログ村 クリックお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ブログランキングへ

恋愛テクニック プライミング効果

今回は恋愛のテクニックを紹介しようと思います。先日テレビ番組を見てたところ、「メンタリズムで相手の心を97%見抜く、操る! ズルい恋愛心理術」という本を出版された ロミオ・ロドリゲスJr. という方がプライミング効果について説明してました。この点について、更に、自分なりの見解を書いてみようと思います。
 異性と話をしていて、その相手に自分の考えてほしいことを直接伝えるのではなく、他の文言を使うことで潜在意識に働きかける方法です。プライミング効果というのは、脳科学の専門用語で脳機能の連想性を説明するために、使われる用語です。人間は、何もないところから考えを生み出すことはできず、また、ひとつの言葉から連想するイメージや単語は決まっており、決してランダムではありません。たとえば、リンゴと聞いたら、その人は、赤い、ニュートン、果物、フルーツ、などさまざまな言葉を一瞬で思い出します。このことは人間の会話でも確認することができます。日本人は英語を聞いても、読んでも、すんなりと理解することが難しいかもしれません。それは英語の単語についての逐語訳を知っていたとしても、連想としてでてくる単語が乏しいため、音を聞き逃したり、理解に時間がかかると考えられてます。

この人間の連想性を利用した恋愛テクニックがプライミング効果です。もし、あなたがあいてに性的な連想をしてほしければ、性的なものを間接的に連想させる言葉を会話の中に織り込みます。「昨日テレビ番組みてたら、おいしいステーキ屋さんの特集やってたよ。それみたら、肉汁がジュルジュルしてて、凄いおいしそうだった。今度行きたいね。」という感じです。ヴァリエーションはいくつもあるので、自分で連想的に思いつく文言をメモしておくといいかもしれません。
これは性的なことにも限りません。この方法を使うことで、相手は少なくとも、あなたが話したいテーマについて意識するようになるので、そうなれば、交渉等でもうまく使えるようになるでしょう。

このように人間は自分の考えですべてを決定してるように見えて、表面的なことは案外話す相手やかかわる相手に知らず知らずのうちに誘導されてるものです。
また、もうひとつの相手を誘導するような方法としては、クローズドクエスチョンがあります。ネガティブな文言で相手に何かを依頼するよりは、ポジティブに依頼するほうがいいです。ごく基本的なことかもしれませんが、合コンなどでも相手に連絡先やLINEを聞いて満足してる人がいます。後々連絡しても連絡が来るケースのほうが少ないでしょう。これにはいくつもの理由が考えられますが、その場で決着をつけるべきです。そこで一番いいのは、その場で次の予定を決めることです。相手がこちらに好意がなければ断られますが、電話番号を自然に聞き出せてる状態であれば、ここまでは普通の流れで進められます。友人などをみていても、電話番号をゲットした数を誇る人は、相手の感情を無視してとりあえず電話番号だけに集中してる気が多いのか、その後に連絡がついたというケースは少ないような気がします。あとは、その連絡先をつかって、予定した日時の連絡を取り合えば、次のデートまでは行うことができます。チャンスを手に入れたら逃さないようにしたいですね。





にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ 
にほんブログ村 クリックお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

weca4

Author:weca4
1記事で1つ脳への刺激



スポンサー

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ 
にほんブログ村 クリックお願いします このエントリーをはてなブックマークに追加続ける励みになります。よければクリックお願いします

全記事表示リンク

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。